国内で最も厳しい安全基準の野菜・果物・お肉や魚、
お惣菜や日用品など心をこめてお届けします。

ようこそゲストさま
メールアドレス パスワード
トップページ > ログイン

放射能感受性の高い小さなこどもたちをまもるため放射能防衛ラインは1Bq/kg以下

トップページ > 放射能に対する取り組み

11Bq/kg以下を防衛ラインとする根拠

オルターは、1986年のチェルノブイリ原発事故以来、放射能汚染の心配のない食べもの確保に取り組んできた、おそらくは国内唯一の団体です。
福島原発事故以降も、もちろんその方針は変わりません。

オルターでは広島・長崎の低線量被曝を調査したジョン・W・ゴフマン博士の1万人シーベルト、ガン死4000人を基に、放射性セシウム(134,137合算)1Bq/kgを防衛ラインとしています。

1Bq/kgの根拠は、人体に対する内部被曝を極小にすべきという考え(現実的な検出限界値を考えて)と、広島・長崎での被ばく生存者12万人を対象に寿命追跡調査を行い、低線量被曝に警鐘を鳴らしたアメリカの医師ジョン・W・ゴフマン博士の1万人シーベルトの数値を参考にしていることです。

21Bq/kg基準を守る具体的な対処法

この1Bq/kg基準を守る具体的な対処法は、さまざまなデータから1Bq/kgを超える可能性のある地域(福島県、茨城県、宮城県、千葉県、山形県、岩手県、栃木県、群馬県、山梨県、東京都、埼玉県、神奈川県、静岡県、長野県)および汚染の疑いのある海域において、事故後に収穫された農産物、水産物、あるいはその加工品について、検出限界が1Bq/kgの検査法で不検出というデータがない限り、取り扱わないというものです。

3放射能の検査体制(2011年12月より測定開始)

オルター食品放射能分析センター内に検査室を完備。ドイツ、ベルトールド社製γ・スペクトロメーターLB2045を導入し、自社での測定体制を整えています。検出限界1Bq/kgを守るため、1検体27時間かけて測定を行います。

ベルトールド社製γ・スペクトロメーターLB2045ベルトールド社製γ・スペクトロメーターLB2045

4放射性物質検査結果について

オルターの食品放射能測定の検査結果は、オルター通信(定期宅配会員に配布する情報誌)やホームページで公表しています。

ページの先頭へ

お届け日について

・ご注文する曜日によってお届け日が決まります。

ご注文日最短お届け日
火曜日(水曜日午前0時まで)翌週水曜日
水曜日(木曜日午前0時まで)翌週木曜日
木曜日(金曜日午前0時まで)翌週金曜日
金曜日(土曜日午前0時まで)翌週土曜日

※お届け日、お届け希望時間のご指定はできません。

送料について

・全国どこでも一律1,350円(税込)

・佐川急便でお届けします。

・冷蔵・冷凍・常温に関わらず上記料金でお届けします。

返品・キャンセルについて

商品の性質上、原則としてお客様のご都合による返品・キャンセルはお受けできません。ただしご注文と異なる商品および不良品が届いた場合は、返品または交換を承ります。その際の送料は弊社が負担いたします。

お支払い方法について

・クレジットカードでのお支払い

VISA、MASTER、JCB、American Express、Diners

・代金引換でのお支払い

代金は商品のお受け取り時に、商品と送料を合わせ配達員にお支払いください。
手数料は一律330円(税込)