ルヴァンスライス

もっちりと引きが強く、かむほどに国産小麦の甘みを感じる食パン。

世界パン・大阪府

ルヴァンスライス

1斤(5枚) 411円 (税込)
冷凍
原材料:国産小麦粉、天然酵母、甘蔗分蜜糖、赤穂の天塩
アレルゲン:小麦
お気に入り(0)
オルター基準:マークの説明
2005年9月5週号 今井與里子さん(前列右)、工場長の今井英徳さん(右奥)と職人のみなさん

天然酵母なのに甘みのあるおいしいパン

 

オルターオリジナル仕様・世界パンの天然酵母パン

「天然酵母パンといえば、すっぱくてボソボソ…いくら安全でも食べにくい」と思っている方は、本当においしい天然酵母パンに出会ったことがないのでしょう。素材にこだわり、高い技術が伴えば、もちろん天然酵母でおいしいパンが焼けるのです。それに天然酵母パンは見た目には少量でも、市販のパンのようにやたらと空気を含ませていないので、満腹感があって結局お得です。

世界パンでは国産小麦粉と天然酵母を使って、生イーストのパンに負けないような、しっとりとして甘みのあるおいしいパンを焼いています。まだ若い工場長の今井英徳さんは、初代で祖父の今井懋(つとむ)さんの技術をベースに、ドイツの伝統的な技術に学んだ新たな工夫を重ね、おいしい天然酵母パンを焼く技術を身につけられています。
初代は1970年にパン屋を開業。ほとんど独学でパン作りを始めたことが幸いし、大手メーカーのような薬品に頼った個性のないパンではなく、独自の工夫でたいへん個性豊かなパン作りをなさっていました。およそ30年前、よつ葉牛乳の共同購入運動が関西に拡がった頃、当時私たちの仲間で「安全な食べものを求める堺市民の会」の森田まれおさんが、今井懋さんに出会ったのがお付き合いのきっかけです。
世界パンが本格的に無添加の天然酵母パンを製造するようになったのは、オルターと出会ってからです。英徳さんのお母様で社長の與里子さんは、「新製品としてどんどん生まれてはどんどん姿を消していくようなパンを焼きたくない。ひとつひとつのアイテムを大事に育てていきたい」と、製品開発を進めてこられました。英徳さんはそんな期待に、祖父ゆずりの職人肌でしっかり応えています。

原料の特徴は、まずなんといってもオリジナルの国産小麦粉の開発です。そのほか副原料も必ず現地に行って取引する姿勢を大切になさっています。オルターでは、オルター仕様の原材料を指定して、さらなる安全レベルの向上に取り組んでいただいています。今後さらにオルターが取り扱えるレパートリーを増やしていただく予定です。
製造は、ミキサーを使う以外、手作業を大切に手間を惜しまず行っています。手でないと出せない味があるからです。14年前から始めた低温熟成法によってゆっくりと発酵させることで、小麦の風味・甘みがたいへんよく出たパン生地が作れるようになりました。天然酵母のパン種を安定させるのが一番苦労した工夫だったとのこと。温度や湿度の調節も、蛍光灯のついた木箱を手作りするなどして工夫し、当初は気泡の多かったパンから今のようななめらかでおいしいパンへと、着実に腕を上げてきました。 今後もますますおいしい天然酵母パンを焼き続ける、世界パンのパンから目が離せそうにありません。

レビュー一覧

スタッフからのひとこと

マークの説明

❶ 農作物栽培基準 [野菜・果物・米・豆]

農作物の栽培水準を表示するために、オルターでは独自に下記の区分で生産管理の違いを表示しています。
なお、全ての取扱品目は、有機栽培化への3年以上の努力を経た圃場で栽培されたものです。

※オルター農作物栽培基準に準じ、乾物・加工品の一部も表示を始めます。

3年以上有機努力し、JAS認証も取得。農薬・化学肥料の使用はない。

3年以上有機努力し、農薬・化学肥料の使用はないが、JAS認証は取得なし。

3年以上有機努力し、JAS認証も取得していて、化学肥料の使用なし。ただし、JAS別表農薬を使用しています。

3年以上有機努力し、化学肥料の使用なし。ただし、JAS別表農薬を使用しています。JAS認証は取得なし。

3年以上の有機努力を継続中ですが、やむなく一部に化学肥料や農薬を使用しました。

3年未満の有機努力で転換中。今回の栽培には化学肥料の使用なく、農薬不使用か、もしくはJAS別表農薬を使用していることがあります。

❷ 菌茸類栽培基準

きのこ類の生産に使用される資材については、オルターは以下の原則を守っています。

  • 生産性を高める目的の化学物質、防除目的の抗菌剤、汚染した培養資材、新規微生物資材は使用しません。
  • 放射線照射技術は利用せず、遺伝子組み換え生物は使用しません。
  • 施設において除草剤や、殺菌剤、その他の薬品は使用しません。
以上の原則に合わないものはその情報を公開します。

「伝統的原木・天然資材栽培」菌茸(きのこ)A

国内産原木もしくは国内産で伝統的な天然の培養資材のみを使用し、原木栽培が伝統的な産物であるものに関しては原木を使用して栽培されたものです。一切の人工的な化学物質が使用されていません。その上で、有機JAS法に基づく認証を受けたものです。

「伝統的原木・天然資材栽培」菌茸(きのこ)B

左記Aと同等ですが、有機JAS法に基づく認証を受けないものです。

「伝統的原木・天然資材栽培」菌茸(きのこ)C

国内産原木もしくは国内産で伝統的な天然の培養資材のみを使用し、原木栽培が伝統的な産物であるものに関しては原木を使用して栽培されたものです。ただし、一部資材に、天然物資ではない、特例的に別表で示される資材が使用されています。それ以外には、一切の化学物質が使用されていません。有機JAS法に基づく認証を受けたものです。

「伝統的原木・天然資材栽培」菌茸(きのこ)D

左記Cと同等ですが、有機JAS法に基づく認証を受けないものです。

「特別栽培」菌茸(きのこ)F

この格付けを受ける菌茸類は、天然の培養資材を使用して栽培されたものです。ただし、人工的な生育促進物質やホルモン様物質、もしくは抗菌剤等の防除用化学物質など、化学物質の使用は極力避けられてはいるものの、一部に使用されている生産物であることを意味します。

「天然資材栽培」菌茸(きのこ)E

必ずしも伝統的栽培法ではないにせよ、国内産の天然の培養資材を使用して栽培されたものです。また、一部資材に、天然物資ではない、特例的に別表で示される資材が使用されていますが、それ以外には、一切の化学物質が使用されていません。
❸ NDマーク表示

放射性セシウム値(134と137の合算)検出下限値1Bq/kgの検査で放射能測定をした結果、
「不検出」が確認された品ものに表示しています。(Not Detected =「不検出」)

❹ アレルゲン表示
  • すべての加工食品について、原料はもちろんキャリーオーバーに該当するものについても、
    特定原材料7品目(卵、小麦、そば、乳、落花生、かに、えび)+大豆の計8品目のアレルゲン材料の有無を表示しています。
  • アレルギーは個々人により発症のプロセスが異なります。表示はあくまでも目安としてご利用ください。