有機トマトピューレー

有機トマトが持つ自然の甘味を生かした、トマト本来の味を楽しめるトマトピューレーです。

光食品・徳島県

有機トマトピューレー

320g 314円 (税込)
常温
原材料:有機トマト、食塩、有機レモン果汁
アレルゲン:
お気に入り(0)
オルター基準:ND マークの説明
2010年7月5週号 島田光雅社長(右)自社農園にて

有機原料を使用したソース、ケチャップ、ドレッシング

 

ほんもの作りにこだわって

徳島県板野郡上板町にある光食品(株)の島田光雅社長は、農産物のトレーサビリティー(原料・生産履歴の追跡管理)の明確な国産を基本とする有機あるいは特別栽培の野菜・果物を原料ベースに、有機本醸造醤油、有機純米酢、有機純りんご酢などのこだわりの調味料を使い、安全安心の各種ソース、ケチャップ、ドレッシングなどを製造しています。ただしジュースなど一部、外部委託工場製品もあります。
製造においては、いたずらに効率のみを追求するのではなく、手間を惜しまず手作りの良さを残した製品作りを心がけ、液膜流下型真空濃縮還元装置などを採用し、熱変成を極力避けて味や風味を大切にしています。
使用する香辛料は自社で粉砕し、香り、品質を大切にしています。だしなどはエキス(その多くは原料や製造工程が不詳、粗悪なものが多い)などを使わず、自社で鰹節、昆布、乾しいたけなどから取っています。

 

環境にやさしい工場

工場は安全や環境への配慮も行き届いています。製造タンク、ライン、充填機などは手洗いと湯洗浄を基本とし、有害な合成洗剤を使いません。工場の壁や天井をステンレスにしています。虫の混入を防ぐため工場内を陽圧にし、充填室にはクリーンルームを採用しています。一般のボイラーではボイラー内の腐食を防ぐため清缶剤が使われますが、製造蒸気から清缶剤が製品に混入する可能性があるため、膜脱気装置を導入し、清缶剤を使用していません。
洗瓶などに使用した後の水は中水として工場の屋根に散水したり、太陽光発電システム、ガスヒートエアコン、LPガスボイラー、エコノマイザー(廃熱交換器)などを採用し、エコにも取り組んでいます。工場の前を流れる吉野川の水よりもきれいな水にする排水処理施設、排出する生ゴミを堆肥化する堆肥場もあります。

 

休耕地対策に自社農園

光食品は島田光雅社長のお父さん、島田利雄会長が1946年に創業し、合成添加物をいっさい使わないソースを発売したのは1964年。当時はチクロ、サッカリン、AF-2などが全盛期にあって添加物を使用することが当たり前でしたが、良い食品を作り社会に貢献することを社是とする光食品は、無添加食品の先駆けとなり、当時話題となった新幹線「ひかり」にちなんで「超特級ヒカリソース」としました。
1974年に有吉佐和子著「複合汚染」が話題になって、さらに無農薬・有機栽培の原料を使う究極のソース作りへと進まれました。1977年に日本で初めて有機野菜・果実から作ったウスターソースを発売。1999年、島田光雅社長就任。余談ですが奥様はかつて甲子園を湧かせた池田高校野球部の蔦元監督のお嬢さんです。
2000年、JAS法に基づき有機加工食品の製造業者として認定を取得、さらに2001年からは地元徳島の耕作放棄地を自社農園として利用することを志し、有機JAS認証農場を含む約6ヘクタールの自社農園を持つようになり、みかん、トマト、にんにく、にんじん、ゆず、すだち、ゆこう、レモンなど一部原料の栽培にも取り組んでいます。

お料理レシピ

冬の根菜煮物

【材料】2人分
A(人参・蓮根・ごぼうなど一口大に切った根菜総量400g、トマトピューレー1/2本、刻んだ生姜1片分、みりん大さじ2、浄水240cc)
B(イワシ缶汁ごと1缶、さっとゆがいたインゲン30g、塩こうじ小さじ2)

【作り方】
★イワシ缶&トマトピューレーで簡単!
鍋にAを入れ弱火で根菜が柔らかくなるまで煮込んだら、Bを加えて強火にし、味を絡ませます。

レビュー一覧

マークの説明

❶ 農作物栽培基準 [野菜・果物・米・豆]

農作物の栽培水準を表示するために、オルターでは独自に下記の区分で生産管理の違いを表示しています。
なお、全ての取扱品目は、有機栽培化への3年以上の努力を経た圃場で栽培されたものです。

※オルター農作物栽培基準に準じ、乾物・加工品の一部も表示を始めます。

3年以上有機努力し、JAS認証も取得。農薬・化学肥料の使用はない。

3年以上有機努力し、農薬・化学肥料の使用はないが、JAS認証は取得なし。

3年以上有機努力し、JAS認証も取得していて、化学肥料の使用なし。ただし、JAS別表農薬を使用しています。

3年以上有機努力し、化学肥料の使用なし。ただし、JAS別表農薬を使用しています。JAS認証は取得なし。

3年以上の有機努力を継続中ですが、やむなく一部に化学肥料や農薬を使用しました。

3年未満の有機努力で転換中。今回の栽培には化学肥料の使用なく、農薬不使用か、もしくはJAS別表農薬を使用していることがあります。

❷ NDマーク表示

放射性セシウム値(134と137の合算)検出下限値1Bq/kgの検査で放射能測定をした結果、
「不検出」が確認された品ものに表示しています。(Not Detected =「不検出」)

❸ アレルゲン表示
  • すべての加工食品について、原料はもちろんキャリーオーバーに該当するものについても、
    特定原材料7品目(卵、小麦、そば、乳、落花生、かに、えび)+大豆の計8品目のアレルゲン材料の有無を表示しています。
  • アレルギーは個々人により発症のプロセスが異なります。表示はあくまでも目安としてご利用ください。
ホームに戻る