国産小粒有機納豆 経木入

井村さんの有機大豆使用。程よい歯ごたえ、豆の風味と香りが楽しめます。赤松の経木入り。

金沢大地・石川県

国産小粒有機納豆 経木入

90g あやこがね 279円 (税込)
冷蔵
原材料:有機大豆(金沢大地・石川県)、納豆菌
アレルゲン:大豆
お気に入り(0)
オルター基準:★★★ND マークの説明
2012年2月4週号 井村辰二郎さん(右)

国内最大の有機農家

 

自己完結循環型農業

金沢農業の井村辰二郎さんは、農業は千年の展望を持ったものであるべきだと考えて、「自己完結循環型農業」を志し、金沢市の広大な河北潟干拓地や能登半島の中山間地で、有機農業に取り組んでいます。営農面積は185haにのぼり、個人の営農面積としてはおそらく国内最大で、文字通り国内最大の有機農家です。
年々、耕す人が減ってゆき、休耕地が広がっていく中で、これからもますます井村さんへの期待が大きくなり、耕作面積も拡大していくはずです。これだけの面積をもって、グリーン雇用に力を入れて、18名の生産チームを率いて耕しています。
農場には、多くのトラクターやコンバインが並び、問題のTPPをも迎え撃つ気迫十分のたくましい農場風景です。

 

有機、不耕起、在来種

有機JAS認定圃場で、うるち米、もち米、大豆、小麦、大麦、そば、野菜など輪作で、多品目、多品種栽培を行っています。不耕起栽培、忌避作物利用などの新しい栽培技術も導入し、金沢伝統の野菜をはじめ、在来種、自家採種にも取り組んでいます。

 

オルター生産者の原料として活躍

オルターでは、井村さんの大豆を、あらいぶきっちんさんや尾崎食品の豆腐、湯葉弘のゆば、末広昆布の昆布豆の原料として使わせていただいています。小麦はパプアニューギニア海産などの品ものの原料になっています。くず大豆、大麦、小麦などはタナカファームでニワトリのエサになっています。

お料理レシピ

じゃが芋と納豆のグラタン

【材料】
A(じゃが芋の乱切り600g、浄水1カップ、塩少々)
B(納豆みじん切り200g、トマト粗みじん切り200g、ナッツ粗みじん切り80g、小口切り青ねぎ30g、味噌大さじ4、醤油大さじ1と1/2、コチュジャン小さじ2)
ココナッツパウダー又はパン粉 適量

【作り方】
①鍋にAを入れて柔らかく蒸し煮にし、強火で水分を飛ばしてペースト状につぶします。
②Bをよく混ぜて、耐熱容器に①と交互に重ね、ココナッツパウダーをふって220度で10分焼きます。
※ナッツは2〜3種類ブレンドするとより味わい深くなります。

レビュー一覧

スタッフからのひとこと

マークの説明

❶ 農作物栽培基準 [野菜・果物・米・豆]

農作物の栽培水準を表示するために、オルターでは独自に下記の区分で生産管理の違いを表示しています。
なお、全ての取扱品目は、有機栽培化への3年以上の努力を経た圃場で栽培されたものです。

※オルター農作物栽培基準に準じ、乾物・加工品の一部も表示を始めます。

3年以上有機努力し、JAS認証も取得。農薬・化学肥料の使用はない。

3年以上有機努力し、農薬・化学肥料の使用はないが、JAS認証は取得なし。

3年以上有機努力し、JAS認証も取得していて、化学肥料の使用なし。ただし、JAS別表農薬を使用しています。

3年以上有機努力し、化学肥料の使用なし。ただし、JAS別表農薬を使用しています。JAS認証は取得なし。

3年以上の有機努力を継続中ですが、やむなく一部に化学肥料や農薬を使用しました。

3年未満の有機努力で転換中。今回の栽培には化学肥料の使用なく、農薬不使用か、もしくはJAS別表農薬を使用していることがあります。

❷ 菌茸類栽培基準

きのこ類の生産に使用される資材については、オルターは以下の原則を守っています。

  • 生産性を高める目的の化学物質、防除目的の抗菌剤、汚染した培養資材、新規微生物資材は使用しません。
  • 放射線照射技術は利用せず、遺伝子組み換え生物は使用しません。
  • 施設において除草剤や、殺菌剤、その他の薬品は使用しません。
以上の原則に合わないものはその情報を公開します。

「伝統的原木・天然資材栽培」菌茸(きのこ)A

国内産原木もしくは国内産で伝統的な天然の培養資材のみを使用し、原木栽培が伝統的な産物であるものに関しては原木を使用して栽培されたものです。一切の人工的な化学物質が使用されていません。その上で、有機JAS法に基づく認証を受けたものです。

「伝統的原木・天然資材栽培」菌茸(きのこ)B

左記Aと同等ですが、有機JAS法に基づく認証を受けないものです。

「伝統的原木・天然資材栽培」菌茸(きのこ)C

国内産原木もしくは国内産で伝統的な天然の培養資材のみを使用し、原木栽培が伝統的な産物であるものに関しては原木を使用して栽培されたものです。ただし、一部資材に、天然物資ではない、特例的に別表で示される資材が使用されています。それ以外には、一切の化学物質が使用されていません。有機JAS法に基づく認証を受けたものです。

「伝統的原木・天然資材栽培」菌茸(きのこ)D

左記Cと同等ですが、有機JAS法に基づく認証を受けないものです。

「特別栽培」菌茸(きのこ)F

この格付けを受ける菌茸類は、天然の培養資材を使用して栽培されたものです。ただし、人工的な生育促進物質やホルモン様物質、もしくは抗菌剤等の防除用化学物質など、化学物質の使用は極力避けられてはいるものの、一部に使用されている生産物であることを意味します。

「天然資材栽培」菌茸(きのこ)E

必ずしも伝統的栽培法ではないにせよ、国内産の天然の培養資材を使用して栽培されたものです。また、一部資材に、天然物資ではない、特例的に別表で示される資材が使用されていますが、それ以外には、一切の化学物質が使用されていません。
❸ NDマーク表示

放射性セシウム値(134と137の合算)検出下限値1Bq/kgの検査で放射能測定をした結果、
「不検出」が確認された品ものに表示しています。(Not Detected =「不検出」)

❹ アレルゲン表示
  • すべての加工食品について、原料はもちろんキャリーオーバーに該当するものについても、
    特定原材料7品目(卵、小麦、そば、乳、落花生、かに、えび)+大豆の計8品目のアレルゲン材料の有無を表示しています。
  • アレルギーは個々人により発症のプロセスが異なります。表示はあくまでも目安としてご利用ください。