イワシのミンチ

熊野灘のイワシを骨付きのままミンチにしました。つみれ汁、イワシバーグ、鍋の具に便利。

芦浜産直出荷組合・三重県

イワシのミンチ

250g 385円 (税込)
冷凍
原材料:真イワシ
アレルゲン:なし
お気に入り(0)
オルター基準:ND マークの説明
2009年4月4週号 芦浜産直出荷組合 左二番目から阪口雪子さん、和郎さん、明志さん、和美さん

海を守った漁師が作る水産加工品

 

熊野灘の海の幸を、無添加で加工

熊野灘は、紀伊半島南端の潮岬から三重県大王崎にかけての海域の総称です。海洋深層水の自然な湧昇流に恵まれ、プランクトンも豊富で、おいしい魚が獲れる海域です。
芦浜産直出荷組合の阪口和郎さん・雪子さんは、主として奈屋浦〜長島の熊野灘で水揚げされる新鮮な魚を原魚として、干物や冷凍加工品を、こだわりの安全な調味料などを使い、無添加で製造しています。水産加工品にとって原魚がおいしいこと、新鮮なことは大きな武器です。

 

原発反対運動から生まれた消費者との絆

芦浜産直出荷組合は5世帯の漁師さんを中心に出発しましたが、現在は阪口さん夫婦と息子夫婦の2世帯で運営しています。阪口さんも今は漁に出ることはなくなり、2006年に新設した三重県大紀町の水産加工場での仕事が主です。原発反対運動の仲間である(株)浜甚のかつおぶし(削り節)、マルニシ海藻の西保則さんらの海藻も、提携品としてオルターへ出荷しておられます。
近年は温暖化など海の異変や漁獲高の低迷などもあって、漁師さんたちは苦戦を強いられています。阪口さんは「今の日本で、ますます水産加工の役割が大きくなってきている」と感じておられます。

 

海の男の誇りを胸に、これからも

福島さんは由比港で水揚げされた生しらすを、鮮度はもちろん、形が揃っているか、異物はないか、ゴミをとるため必要以上に洗いすぎていないかなどを見極めて購入しています。
生しらすはすぐに氷を入れた真水にさらし洗います。このとき適度に洗うのがコツのひとつで、洗えば洗うほど白くなりますが、味やおいしさは失われていくからです。この適度に洗った生しらすを網のついた木枠の中に拡げ、乾燥機の中で乾燥します。釜上げちりめんだったら、いくらでも加工でき量をこなせますが、たたみいわしはまさに手作りで1枚1枚の手仕事となり、量はこなせません。丁寧な仕事が求められます。

レビュー一覧

スタッフからのひとこと

骨ごとミンチで栄養満点!

マークの説明

❶ 農作物栽培基準 [野菜・果物・米・豆]

農作物の栽培水準を表示するために、オルターでは独自に下記の区分で生産管理の違いを表示しています。
なお、全ての取扱品目は、有機栽培化への3年以上の努力を経た圃場で栽培されたものです。

※オルター農作物栽培基準に準じ、乾物・加工品の一部も表示を始めます。

3年以上有機努力し、JAS認証も取得。農薬・化学肥料の使用はない。

3年以上有機努力し、農薬・化学肥料の使用はないが、JAS認証は取得なし。

3年以上有機努力し、JAS認証も取得していて、化学肥料の使用なし。ただし、JAS別表農薬を使用しています。

3年以上有機努力し、化学肥料の使用なし。ただし、JAS別表農薬を使用しています。JAS認証は取得なし。

3年以上の有機努力を継続中ですが、やむなく一部に化学肥料や農薬を使用しました。

3年未満の有機努力で転換中。今回の栽培には化学肥料の使用なく、農薬不使用か、もしくはJAS別表農薬を使用していることがあります。

❷ 菌茸類栽培基準

きのこ類の生産に使用される資材については、オルターは以下の原則を守っています。

  • 生産性を高める目的の化学物質、防除目的の抗菌剤、汚染した培養資材、新規微生物資材は使用しません。
  • 放射線照射技術は利用せず、遺伝子組み換え生物は使用しません。
  • 施設において除草剤や、殺菌剤、その他の薬品は使用しません。
以上の原則に合わないものはその情報を公開します。

「伝統的原木・天然資材栽培」菌茸(きのこ)A

国内産原木もしくは国内産で伝統的な天然の培養資材のみを使用し、原木栽培が伝統的な産物であるものに関しては原木を使用して栽培されたものです。一切の人工的な化学物質が使用されていません。その上で、有機JAS法に基づく認証を受けたものです。

「伝統的原木・天然資材栽培」菌茸(きのこ)B

左記Aと同等ですが、有機JAS法に基づく認証を受けないものです。

「伝統的原木・天然資材栽培」菌茸(きのこ)C

国内産原木もしくは国内産で伝統的な天然の培養資材のみを使用し、原木栽培が伝統的な産物であるものに関しては原木を使用して栽培されたものです。ただし、一部資材に、天然物資ではない、特例的に別表で示される資材が使用されています。それ以外には、一切の化学物質が使用されていません。有機JAS法に基づく認証を受けたものです。

「伝統的原木・天然資材栽培」菌茸(きのこ)D

左記Cと同等ですが、有機JAS法に基づく認証を受けないものです。

「特別栽培」菌茸(きのこ)F

この格付けを受ける菌茸類は、天然の培養資材を使用して栽培されたものです。ただし、人工的な生育促進物質やホルモン様物質、もしくは抗菌剤等の防除用化学物質など、化学物質の使用は極力避けられてはいるものの、一部に使用されている生産物であることを意味します。

「天然資材栽培」菌茸(きのこ)E

必ずしも伝統的栽培法ではないにせよ、国内産の天然の培養資材を使用して栽培されたものです。また、一部資材に、天然物資ではない、特例的に別表で示される資材が使用されていますが、それ以外には、一切の化学物質が使用されていません。
❸ NDマーク表示

放射性セシウム値(134と137の合算)検出下限値1Bq/kgの検査で放射能測定をした結果、
「不検出」が確認された品ものに表示しています。(Not Detected =「不検出」)

❹ アレルゲン表示
  • すべての加工食品について、原料はもちろんキャリーオーバーに該当するものについても、
    特定原材料7品目(卵、小麦、そば、乳、落花生、かに、えび)+大豆の計8品目のアレルゲン材料の有無を表示しています。
  • アレルギーは個々人により発症のプロセスが異なります。表示はあくまでも目安としてご利用ください。