グルテンフリーカレーペースト 辛口

小麦粉不使用、オルター原料100%、濃厚な直火焼カレールー。スパイシーで深い味わい。

オルター

グルテンフリーカレーペースト 辛口

180g(3皿分) 628円 (税込)
常温
原材料:玉ねぎ、りんご、トマトピューレー、にんじん、バナナ、鶏がらスープ、食用油脂(牛脂・豚脂)、米粉、塩、コリアンダー、甘蔗分蜜糖、にんにく、しょうが、クミン、豆乳ヨーグルト、ガラムマサラ、ガーリックパウダー、ジンジャーパウダー、ターメリック、ココナッツミルク、チリパウダー
アレルゲン:大豆
お気に入り(0)
オルター基準:ND マークの説明
2020年11月3週号 右から2人目が山口 弘城営業部長、左から2人目が川上 洋工場長

念願のグルテンフリーカレー、たいへんおいしく出来ました

 

子どもの脳を守るグルテンフリーカレー

日本人が好む、欧風のとろみのあるカレールーには通常、小麦粉が使われています。近年一般的な小麦粉には多収穫性を追求した品種改良の結果、アヘン類縁物質オピオイドが含まれていることが問題となり、グルテンフリーを求める声が大きくなっています。子どもたちが大好きなカレーが脳を侵すのでは放置できません。
グルテンは、体質によっては消化不良、便秘、下痢、アレルギーなどの原因にもなります。

 

苦労の連続

オルターでもグルテンフリーの努力を続けています。そのひとつとして、オルターオリジナルのカレールーから小麦粉を省くことができないかとの取り組みを進めてきました。
小麦粉を抜けばよいのだろうと当初は安易に考えていましたが、いざ抜くとなると、とろみやバランスがとれないなど、なかなか満足のいく形にはなりませんでした。小麦粉を抜いて、おいしいカレールーを作るとなると、果物などより高級な原料を多用しなければならないこともわかりました。いかに、小麦粉が安価なカレールーに貢献している原料だったかがわかりました。

レビュー一覧

マークの説明

❶ 農作物栽培基準 [野菜・果物・米・豆]

農作物の栽培水準を表示するために、オルターでは独自に下記の区分で生産管理の違いを表示しています。
なお、全ての取扱品目は、有機栽培化への3年以上の努力を経た圃場で栽培されたものです。

※オルター農作物栽培基準に準じ、乾物・加工品の一部も表示を始めます。

3年以上有機努力し、JAS認証も取得。農薬・化学肥料の使用はない。

3年以上有機努力し、農薬・化学肥料の使用はないが、JAS認証は取得なし。

3年以上有機努力し、JAS認証も取得していて、化学肥料の使用なし。ただし、JAS別表農薬を使用しています。

3年以上有機努力し、化学肥料の使用なし。ただし、JAS別表農薬を使用しています。JAS認証は取得なし。

3年以上の有機努力を継続中ですが、やむなく一部に化学肥料や農薬を使用しました。

3年未満の有機努力で転換中。今回の栽培には化学肥料の使用なく、農薬不使用か、もしくはJAS別表農薬を使用していることがあります。

❷ NDマーク表示

放射性セシウム値(134と137の合算)検出下限値1Bq/kgの検査で放射能測定をした結果、
「不検出」が確認された品ものに表示しています。(Not Detected =「不検出」)

❸ アレルゲン表示
  • すべての加工食品について、原料はもちろんキャリーオーバーに該当するものについても、
    特定原材料7品目(卵、小麦、そば、乳、落花生、かに、えび)+大豆の計8品目のアレルゲン材料の有無を表示しています。
  • アレルギーは個々人により発症のプロセスが異なります。表示はあくまでも目安としてご利用ください。