気仙沼産 三陸沖トロサバ

脂のり抜群、使いやすい三枚おろし。焼きサバ、味噌煮、ムニエル、竜田揚げなどに絶品。

阿部長商店・宮城県

気仙沼産 三陸沖トロサバ

半身×2枚 538円 (税込)
冷凍
原材料:サバ
アレルゲン:なし
お気に入り(0)
オルター基準:ND マークの説明
2021年3月1週号 (株)阿部長商店の従業員の皆さんと阿部 泰浩社長(前列中央)

脂ののった三陸沖トロサバ

 

世界三大漁場で漁獲

オルターカタログ2021年1月3週号(トロカツオ)でご紹介した阿部長商店 阿部 泰浩社長のご紹介シリーズ第2弾は、三陸沖トロサバです。
宮城県牡鹿半島金華山沖合100kmを含む三陸沖は、親潮と黒潮が出会う潮目で、世界三大漁場と呼ばれる好漁場です。毎年、10月頃、脂ののった大型のサバが漁獲され、そのおいしさからブランド魚「金華サバ」として知られています。
この周辺海域で水揚げされたサバが全て「金華サバ」と呼ばれるわけでなく、①石巻で水揚げ、②脂ののりっぷり15%以上、③魚体サイズ等をクリアして1割程度のサバがこう呼ばれるのです。
今回ご紹介する三陸沖トロサバは同海域で漁獲され、高品質のものですが、気仙沼で水揚げされているため、ブランド名(商標登録)は名乗れません。

 

安全な海域

三陸沖が世界三大漁場と呼ばれる由縁は、ノルウェー沖やカナダ・ニューファンドランド島と同様、深海からの昇流があり、その豊富なミネラルで、プランクトンが湧き、それをめがけて集まってくる小魚、さらにその小魚をめがけて大型魚が集まってくるという自然環境にあります。
3.11のフクシマ原発事故で、当初三陸沖は放射能で汚染されてしまったのではないかと心配したのですが、太古の海洋深層水の昇流のおかげで、むしろ一番汚染されていない海域といえます。もちろんオルターの放射能検査でもNDを確認しています。

 

最高の管理

阿部長商店は宮城県気仙沼市に本拠地があります。自社の加工原料にする良質な魚は、石巻〜八戸の水揚げされた魚を対象としています。石巻、南三陸、気仙沼、大船渡に8つの加工拠点があり、刺身・生鮮、冷凍、惣菜類などに加工しています。調味料などオルター仕様が実現すれば、順次ご紹介していく予定です。
阿部長商店に入荷してくる魚には「いつ、どこで獲ったか」のトレーサビリティがあり、オルターへは最高品質の魚のみを出荷していただくことができます。
各工場は東日本大震災の被災後、復興した最新鋭のたいへん素晴らしい施設で、HACCP(危害分析重要管理点)で品質管理され、最適の鮮度が保たれています。

レビュー一覧

スタッフからのひとこと

マークの説明

❶ 農作物栽培基準 [野菜・果物・米・豆]

農作物の栽培水準を表示するために、オルターでは独自に下記の区分で生産管理の違いを表示しています。
なお、全ての取扱品目は、有機栽培化への3年以上の努力を経た圃場で栽培されたものです。

※オルター農作物栽培基準に準じ、乾物・加工品の一部も表示を始めます。

3年以上有機努力し、JAS認証も取得。農薬・化学肥料の使用はない。

3年以上有機努力し、農薬・化学肥料の使用はないが、JAS認証は取得なし。

3年以上有機努力し、JAS認証も取得していて、化学肥料の使用なし。ただし、JAS別表農薬を使用しています。

3年以上有機努力し、化学肥料の使用なし。ただし、JAS別表農薬を使用しています。JAS認証は取得なし。

3年以上の有機努力を継続中ですが、やむなく一部に化学肥料や農薬を使用しました。

3年未満の有機努力で転換中。今回の栽培には化学肥料の使用なく、農薬不使用か、もしくはJAS別表農薬を使用していることがあります。

❷ 菌茸類栽培基準

きのこ類の生産に使用される資材については、オルターは以下の原則を守っています。

  • 生産性を高める目的の化学物質、防除目的の抗菌剤、汚染した培養資材、新規微生物資材は使用しません。
  • 放射線照射技術は利用せず、遺伝子組み換え生物は使用しません。
  • 施設において除草剤や、殺菌剤、その他の薬品は使用しません。
以上の原則に合わないものはその情報を公開します。

「伝統的原木・天然資材栽培」菌茸(きのこ)A

国内産原木もしくは国内産で伝統的な天然の培養資材のみを使用し、原木栽培が伝統的な産物であるものに関しては原木を使用して栽培されたものです。一切の人工的な化学物質が使用されていません。その上で、有機JAS法に基づく認証を受けたものです。

「伝統的原木・天然資材栽培」菌茸(きのこ)B

左記Aと同等ですが、有機JAS法に基づく認証を受けないものです。

「伝統的原木・天然資材栽培」菌茸(きのこ)C

国内産原木もしくは国内産で伝統的な天然の培養資材のみを使用し、原木栽培が伝統的な産物であるものに関しては原木を使用して栽培されたものです。ただし、一部資材に、天然物資ではない、特例的に別表で示される資材が使用されています。それ以外には、一切の化学物質が使用されていません。有機JAS法に基づく認証を受けたものです。

「伝統的原木・天然資材栽培」菌茸(きのこ)D

左記Cと同等ですが、有機JAS法に基づく認証を受けないものです。

「特別栽培」菌茸(きのこ)F

この格付けを受ける菌茸類は、天然の培養資材を使用して栽培されたものです。ただし、人工的な生育促進物質やホルモン様物質、もしくは抗菌剤等の防除用化学物質など、化学物質の使用は極力避けられてはいるものの、一部に使用されている生産物であることを意味します。

「天然資材栽培」菌茸(きのこ)E

必ずしも伝統的栽培法ではないにせよ、国内産の天然の培養資材を使用して栽培されたものです。また、一部資材に、天然物資ではない、特例的に別表で示される資材が使用されていますが、それ以外には、一切の化学物質が使用されていません。
❸ NDマーク表示

放射性セシウム値(134と137の合算)検出下限値1Bq/kgの検査で放射能測定をした結果、
「不検出」が確認された品ものに表示しています。(Not Detected =「不検出」)

❹ アレルゲン表示
  • すべての加工食品について、原料はもちろんキャリーオーバーに該当するものについても、
    特定原材料7品目(卵、小麦、そば、乳、落花生、かに、えび)+大豆の計8品目のアレルゲン材料の有無を表示しています。
  • アレルギーは個々人により発症のプロセスが異なります。表示はあくまでも目安としてご利用ください。